忍者ブログ
りかみきをひっそりと見守るざんねんヲタ(爆)のおしごと日記??
ADMIN | WRITE| RESPONSE
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 夕焼けが綺麗な放課後。

 そろそろ部活も終わりになって、帰宅部な美貴ものんびりと校門へと向かう。
 足元から伸びる長い影。
 うーんっと体を伸ばして開放感に包まれる。

「あーかったり~」

 年下なマイダーリンは…

『あっ。そうなの? がんばってね~』

 って先帰っちゃうし。
 ま、そんなどうしようもなく勝手で自由なところが…まぁ…その…なんだけど。

 いいもん。美貴一人で帰るから。
 …ちぇっ。

 どうしても不満顔。
 そんな美貴の肩をポンって。

「藤本?」
「あ」

 さわやかスマイルで石川登場。

「今帰り?」
「うん。部活?」
「うん。今終わったとこ」
「じゃぁそっちも…」
「そっ。補習終わったとこ」
「お疲れ様」
「そちらこそ」

 なんとなくそのまま並んで歩いて校門を抜ける。
 今日受けた補習の話や石川の次の大会の話とか。

 ついでだからって…亜弥君のこと相談してみたりとか。
 ほら。オンナとオトコって違うじゃん。

「でさ、亜弥君なんかさぁ…とっとと帰っちゃうし」
「んー…俺は待つけどなぁ。用事があるないとか別にして」
「でっしょー! ひっどいよねぇ~」
「でも、なんだかんだで浮気するようなヤツじゃないでしょ」
「うーん…そうなんだけど…」
「…?」

 美貴がヤバイかも…しれないよ?

 不思議そうに美貴を見る石川。
 ごまかすように笑ったら、返ってきたふわってやさしい笑顔。
 
「でも、ずっとそうだと…不安だよね」
「…うん」

 なんとなく無言になる。

 真っ赤に染まった夕焼け空の下、手を繋ぐわけでもなく並んで歩く。
 この無言をどうしていいのかわからなくて、なんか口から出た言葉にちょっと美貴がびっくりする。

「そういう自分は?」
「は?」
「よっちゃん」
「あー。ひとみちゃんは幼馴染だよ」
 照れてるような困ってるような笑顔。
 そう。尋ねると二人とも同じような顔をして笑うんだよね。
「難しいなぁ」

 どういう意味?

 でも聞けなくて…。

 ふと、石川が足を止めた。
「飲む?」
 指先を辿ると自動販売機。

 ガタン。

 まだ少しぬるい缶コーヒー。

 駅までの道を他愛もない話をして歩く。
 部活後だからちょっと汗のにおい。でもなんか悪くない。がんばってんだぁって…へへ。
 手には段々と冷めてきた缶コーヒー。
 でも…なんだろ。ココロはあったかい。

 なんていうかさ、意外と居心地いい…かも。
 

 あれ? 美貴…ヤバイ???

   *

「…」

 ま た か。

「おーう。もっさん。おはよー」
「…」
「なんかいい夢見てたねぇ~」
「ずーーーーーーーーーーっと、ずーーーーーーーーーーっとにやにやしてましたよぉ」
「…」
「ハイ。ミキティ。殴らない。ダメダメダメ。ね。落ち着いて。殴っちゃダメだから。ね。コドモも見てるから」

 …。

 ちらっと横目で見てみたら小春が固まってた。

「…」

 とりあえず楽屋を出た。

 しっかしさぁ…なんだよ。
 あ? 美貴これじゃどーみても石川君に惹かれてまーす、じゃん。
 石川も何気にかっこいいし、亜弥ちゃんなんか夢の中でも自由だし。

 ってかさぁ、なんで…。

「美貴ちゃん」
 ポンって肩を叩かれて、振り向くまでもなく梨華ちゃんで…。
「これから? ダンスレッスン」
「うん」
 汗かいて爽快な感じの梨華ちゃん。
 でもすぐに不思議そうな顔に変わる。
「どうしたの?」
「別に」
 機嫌の悪い美貴を見て困ったような笑顔。

 ちらりと周りを見ると、
「飲む?」
 指差した先には自動販売機。

 ガタン。

 なんかわかんないけど、やっぱ缶コーヒー。
 なんかわかんないけど梨華ちゃんも。

「珍しいね」
「うん。なんか飲みたかったんだよねぇ」
「じゃなくって、おごってくれるの」
 そしたら、
「あたしそこまでケチじゃないもん」
 って拗ねる梨華ちゃん。

 なんかわかんないけど、なんかいいよねぇ。
 なんかさ、意外と居心地いい…。

「…」
「美貴ちゃん?」

 不思議そうな梨華ちゃん。
 うん。そう。梨華ちゃんのせいじゃないんだよ。たぶん。たぶん…ね。

 でも、なんなんだろう。
 
 手にはぬるい缶コーヒー。
 ちょっと苦くて、でもなんかちょっぴり甘い味がした。

  ☆

 そんなわけでそんなわけです。
 つづきです。
 これはつづき書くとしたらこのままブログに思いつきでだらだら書こうかなぁと思ってます。
 書いちゃってからなんですが、たまーにつづき書いてもよいですか?
たぶん他のCPとかも出すかな。

 どこまで行っても石川君が男前すぎるわけですが…。  
PR
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:
 ぜひぜひ
前回から素敵だなぁと思っていましたが、やっぱり素敵です。

さりげない優しさの石川くんにかなりやられちゃってますw
目覚めた後のガキ亀コンビもいい感じですね。

どうぞ続き書いちゃってください。
ってか、ぜひお願いします!w
yuyu 2007/10/23 01:40 *edit
 よいに決まってます。
一言で言うと、たまらんですよ。
みんなだいすきシリーズとは違う萌えですね。石川君…格好いい。
藤本さん、にやにやしすぎ。気持ちは分かる!
続き待ってますよ~。
mg 2007/10/24 21:56 *edit
 いいともー
なんか…藤本さん可愛いっすねwいやもともとかわいいんですけど。
石川君も男前さも前回に引き続き萌えでした。
先日娘。コンで石川さんに惚れなおしたばかりですので余計に。

続きお待ちしてます!
ORANGE 2007/10/28 00:20 *edit
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ Delusion Code:69 ] All Rights Reserved.
http://otome69.blog.shinobi.jp/

カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カウンター
倉庫番
HN:
さすらいゴガール
性別:
非公開
自己紹介:
イタい小説書き。
主立ってはりかみき。時々美勇伝でも書いてます。
遅筆なんでなかなか更新できないのが超難点。
小説書きなのになぜか現場系(美勇伝中心)。

69rm_sexi_v@sky.707.to
最新コメント
[01/02 ごがーる]
[01/01 おいちゃん]
[10/22 ごがーる]
ブログ内検索
忍者ブログ | [PR]